[choose your language]

トップ > 会社情報 > 沿革(自社工場設立)

沿革

自社工場設立

年号 沿革 主な出来事

1986年
(昭和61年)

 

神戸市西区内の西神工業団地内に自社工場を建設し移転 ホックチューブの生産を開始

1986年

1989年(平成元年)1月
年号が昭和から平成に

1989年(平成元年)11月
ベルリンの壁崩壊

1990年
(平成2年)

 

シールドフォームの生産を開始

1991年
(平成3年)

 

資本金を1000万円に増資

1992年
(平成4年)

7月

第一工場を増設

創立20周年を迎える。

スリーブの生産を開始

1992年

1993年
(平成5年)

 

マジックチューブの生産を開始

3月

ZTグループ国際会議を日本で開催

1993年

1994年
(平成6年)

 

シールドウィンドの生産を開始

クリップタイプCGCの生産を開始

導電性テープの生産開始

1994年(平成6年)9月
関西国際空港開港

1995年
(平成7年)

 

フラットケーブルに対応したDK800シリーズの生産を開始

韓国で合併会社EXPAN社を設立
(後のJOINSET CO., LTDの前身)

1995年

1995年(平成7年)1月
阪神・淡路大震災発生

1997年
(平成9年)

3月

社長 槌橋淳秀 代表取締役会長に就任

二代 代表取締役社長に河野秀夫 就任

4月

西神工業団地内に第二工場を建設

1997年

1997年(平成9年)10月
トヨタ、ハイブリッドカー「プリウス」発売

1998年
(平成10年)

 

シールドフォーム81Tシリーズの生産を開始

1998年(平成10年)2月
長野オリンピック

日本ジッパーチュービングとは

常に未来を見据え、新たな技術を開発し続ける、電磁波障害-EMI対策部品、配線結束チューブのグローバルメーカー/日本ジッパーチュービング株式会社の紹介です。