[choose your language]

トップ > 会社情報 > 沿革(更なるグローバル企業へ)

沿革

更なるグローバル企業へ

年号 沿革 主な出来事

1999年
(平成11年)

3月

埼玉県入間郡にて埼玉工場を開設

10月

社長 河野秀夫 代表取締役会長に就任

三代 代表取締役社長に大塚平明 就任

11月

品質保証の国際規格ISO9001認証取得

1999年

2000年
(平成12年)

3月

第二工場を増設

10月

神戸市にて合併会社日本バンガード株式会社を設立

シールドフォーム65Tシリーズの生産を開始

ディスペンシングガスケットの生産を開始

2000年

2001年
(平成13年)

 

導電性フィルムテープ DF707シリーズの生産を開始

ウルトラバンシールドの国産品の出荷を開始

CGC矢じりタイプの生産を開始

2001年(平成13年)9月
アメリカ同時多発テロ発生

2002年
(平成14年)

7月

香港でKOHYEI-ZIPPER HONG KONG LTD. を設立

創立30周年を迎える

2003年
(平成15年)

5月

韓国で合併会社JOINSET CO., LTDを設立

KOHYEI-ZIPPER HONG KONG LTD. での生産が本格的に始動

2004年
(平成16年)

1月

埼玉県富士見市に埼玉工場を移転

シールドフォーム65TSVシリーズの生産を開始

2004年

2004年(平成16年)12月
ニンテンドーDS発売

2006年
(平成18年)

1月

環境マネジメント国際規格ISO14001認証取得

2006年(平成18年)
神戸空港開港

2007年
(平成19年)

3月

「神戸発・優れた技術」として認定される

2008年
(平成20年)

 

シールドフォーム62Tシリーズの生産を開始

シールドウィンドーフィルムの生産を開始

2008年(平成20年)9月
リーマン・ブラザーズ経営破綻

2009年
(平成21年)

9月

社長 大塚平明 取締役相談役に就任

四代 代表取締役社長に槌橋貴彦 就任

2013年
(平成25年)

10月

社長 槌橋貴彦 代表取締役会長に就任

五代 代表取締役社長に倉田充 就任

日本ジッパーチュービングとは

常に未来を見据え、新たな技術を開発し続ける、電磁波障害-EMI対策部品、配線結束チューブのグローバルメーカー/日本ジッパーチュービング株式会社の紹介です。